*

基本を守る。交通安全はこの事に尽きますが、長年の習慣は恐ろしく、人はみんな、今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫だという思い込みをしています。毎日ルールブックを片手に運転しているわけではありませんから基本そのものを忘れてしまっている事もあるはずです。春や秋の安全週間などを機に、ルールブックを見直すことも重要です。
基本中の一時停止とは、どういう状態を指すでしょうか。一時停止や止まれは、そこらじゅうにあり、また一番重要な事です。止まれとは、タイヤが完全に停止し、スピードメーターが0kmを指すことを言い、停止線の手前で止まることとされています。皆さんの何となくは、止まったことにはなりませんからこの際意識してみることです。
昨今の考え方で、防衛運転ということが注目されています。防衛運転とは何でしょうか。


}PgžxQ
自転車は転倒するものだ。子供は飛び出すものだ。カーブで対向車は飛び出すものだ。自動車は一歩間違えれば走る凶器ですから常に最悪の事態を想定して走るということです。行楽の季節、楽しい時間、空間が悲劇にならないようにハンドルを握る人は、赤ちゃんが泣いたとしても運転が最優先であることを忘れないことです。
春休みが明けると、春の安全週間が始まります。今一度ルールブックを見直しましょう。
ルールブックはお持ちですか。