罰則を知る

自動車を運転していて、道路交通法違反を警察に確認され反則告知を受けると点数が加算されます。
この点数は、累積方式になっていることから、一定の点数になると免許停止などの罰則を受けることになります。
免許を取得して次の免許更新が終わるまでは累積点数が4点になると免停の処分を受けることになります。
最初の免許更新が終われば累積点数が6点になり、6点になれば免停の処分を受けることになります。
運転免許を取得する際に運転免許試験場で学科試験を受けるのですが、反則行為なども問題に出題されるので勉強するのですが、合格するとその後は勉強する機会がありません。
運転免許の更新する際に座学を受けるのですが、その時に最新の道路交通法についての資料なども配られているのでしっかりと確認しておくことが大切です。
道路交通法は、飲酒事故や危険ドラッグなどによる死亡事故が多発していることから、罰則が年々厳しくなっています。


シニア14
取り締まりを行う警察などは、法律が改正されていることを反則者が知っていて当然のように取り締まりを行ってくるため、知らなかったなどの言い訳は一切聞き入れてもらえないので注意が必要です。
法律が改正されているので、最新の情報を入手して罰則に対する知識を高めることが大切です。