違反運転をなくす

交通事故の多くの原因が違反運転によって引き起こされています。飲酒運転、スピード違反、信号無視、居眠り運転、自動車の整備不良、無免許運転、シートベルトの未着用、運転中の携帯電話の使用など、いけない事だとわかっているのにこれくらいなら大丈夫といった気の緩みや油断が、多くの尊い命を犠牲にしてしまう原因となっているのです。


シニア13シートベルトを着用していたなら命が助かったかもしれない交通事故もあります。車を運転する時にはシートベルトを着用して、車に人を乗せたらシートベルトの着用をしてもらうように声をかけて着用を促すように心がけておくことが大切です。交通ルールを守らない運転は、してはいけないことだと運転免許証を取得している人なら誰もが知っている事実なのに事故は、なかなか無くなりません。ドライバーだけでなく道を歩く歩行者も、信号や、横断歩道などの交通ルールを守る事が大切です。また、夜間の外出どきには、車から歩行者が見えにくいことを理解して反射板のついたタスキや、服、靴などを利用して車から発見されやすいようにして、ご自分の命を守る行動をしておくことが大切です。交通事故で命を落としてしまわないように気をつけて行動することが何より大切な事です。