交通事故を避けるための基本

自動車事故は毎日のように発生しています。中には、自動車に乗っていた人全員が亡くなるという悲惨なニュースも耳にします。では、ハンドルを握るドライバーが交通事故を避けるために必要な基本的な事柄とは何でしょうか。幾つかありますが、一つ目は、無謀な運転をしないことです。


}PgžxQ例えば、制限速度が定められているにもかかわらず、かっこよく見せたいと思って、制限速度以上にスピードを出すべきではありません。また、睡眠や休息が十分取れていないにもかかわらず、長距離運転をしたり高速自動車道に乗ったりすべきではありません。自分は大丈夫、運転は慣れている、運動神経が良い、といった自己過信は悲惨な結果になりかねません。それで、無謀な運転を避けることが必要です。さらに、事故を避けるために最も大切なことですが、交通ルールを守ることが必要です。当たり前ですが、信号、制限速度、交通標記などはきちんと守るべきです。さらに、飲酒運転はもちろんですが、眠気を催すような強い薬を服用した後は運転をしないことも大切です。自動車事故は、自分だけの問題ではありません。時には人身事故を起こす危険もあります。それで、十分気をつけて安全運転に心がけましょう。