自動車で気をつけたいこと

自動車は鉄の塊であるために衝突を起こすと大変な事故につながります。速度が倍になれば衝突した時の衝撃は二倍ではなく四倍にも膨れ上がるのです。場合によっては尊い命を失う可能性がありますので気を付けて運転しましょう。
歩行者と運転する人との間で事故が起こりやすいのは駐車している影から歩行者が出てくるケースです。


}PgžxQ
この場合は運転手からは見えませんのでブレーキをふんでも事故を防ぐことはできませんが、もしかすると人が出てくるかもしれないと思いながら運転をすれば万が一の時にも被害を最小限にすることができます。基本的に配慮をしなければいけないのは車のほうです。
また交差点で待っているときには自分のクルマの影に二輪車や自転車などが無いかを確認してください。曲がる時に巻き込んでしまう可能性があるからです。
他にも注意するべきは自分の運転に絶対的な自信を持たないことです。
自分が絶対に事故をしないという過信は大きな事故につながります。どのようなベテランの無事故のドライバーでも自分が事故をする可能性のことも考えるとかなり慎重になって運転できるはずです。
自分が気をつけていても他の人の影響でもらい事故となる可能性もあるので注意してください。