自転車の存在を忘れずに

教習所に通い、実際にハンドルを握り路上教習を行った際に愕然としたという第一印象をお持ちの方々は多いです。
それは、自転車や歩行者がこれほどまで自分勝手で交通ルールを無視した行動をしているという点です。


}PgžxQ
実際に、教習所に通いだしてからよく聞く声として、教習所に通う前までの自分の歩き方や軽車両の乗り方が恥ずかしいというものや反省したいというものです。
日本では、交通ルールを勉強するという機会が極端に少ないために、教習所に通いだして初めて交通ルールを知るというケースが多いのです。
そのため、軽車両や徒歩ではルールが無いものと勘違いし身勝手な運転を行うのです。
車に乗ってから最も初めに感じることが、軽車両の存在が車よりも重要という点です。
軽車両は、ウインカーなどが存在せず、車両も目立ちにくいため思いもよらない場所から突然現れることがあります。
右折や左折の際には、常にどこかに軽車両が居るかもしれないという危機意識が必要不可欠となります。
軽車両や徒歩の方も、自分の存在を忘れられているという危機意識を持つことで双方にとって安全な行動になります。
事故が起きてからでは遅いですので予めできるかぎりの対策を行いましょう。